アサヒグループ

アサヒの健康情報ラボ

電話

「SP-1ビール酵母細胞壁」免疫力向上の可能性がある

免疫力とは

免疫に関する研究の権威
廣川勝昱先生が解説!

免疫力と感染防御について

廣川勝昱先生

Q."免疫力"って具体的にどんな機能?

廣川勝昱先生

A.免疫力とはリンパ球、マクロファージ、好中球などの働きの異なるさまざまな細胞からなる総合的な防御能力で、感染などから身体を守る機能のことです。

われわれの身体は3つのバリアで外からの細菌やウイルスによる感染から守られています

①「皮膚・粘膜」

最初のバリアは、体の一番外側にある皮膚です。また、一見露出していないのであまり認識されていませんが、消化管、呼吸器官、泌尿・生殖器も外部との接触があり、その表面を覆う粘膜は防護壁の役割を果たしています。粘膜は消化液やIgA抗体、抗菌物質を含む粘液等を含み、侵入してきた細菌などの微生物を殺傷し、異物を身体の外へ排出する役目を果たしています。例えば、くしゃみ・咳・鼻水などがそれにあたります。

皮膚・粘膜図

② 私たちが生まれつき持っている自然免疫系

身体の中に入ってくる異物をすぐに認識して攻撃するのが、自然免疫系です。ここで活躍するのは、好中球、マクロファージ、NK細胞といった免疫細胞です。皮膚が傷ついて感染すると化膿しますが、この膿の中には好中球をはじめ、たくさんの免疫細胞が含まれています。

③「リンパ球」を主役とする獲得免疫系

血液や身体中のリンパ組織に含まれるリンパ球が主役となるのが獲得免疫系です。T細胞やB細胞といった多種類の働きの異なる免疫細胞が協調して感染防御機能を発揮し、病原体を集中攻撃しますが、生まれつき備わっているものではなく、一度侵入してきた病原体を記憶し、同じ病原体が侵入すると今度は即座に反応し、以前よりも強い攻撃を行います。
例えば、「一度はしかにかかると免疫ができ、二度はかからない」と言われていますが、それは、一度はしかにかかったことにより、免疫細胞がはしかの病原体を記憶しており、体内にはしかの病原菌が二度目に侵入しようとするとすばやく抵抗し、一度目よりも強い攻撃を行い、すぐさま排除するからです。
また、この獲得免疫のしくみを活用し、病気を予防したり、治したりする目的で生まれたのがワクチンです。

Q.免疫力はなぜ低下してしまうの?

廣川勝昱先生

A.健康であっても、免疫力は加齢と共に低下します。また、内部要因と外部要因の2つの原因があります。

免疫力は生まれて半年から1年を過ぎるとものすごい勢いで発達していきます。そして、思春期にピークとなり、20歳を過ぎるぐらいから徐々に機能が低下し始めます。40歳代でピーク時の50%、70歳代で10%まで低下する人もいます。
そのため、免疫力の低い乳幼児と老齢時に病気が多発します。この免疫力の年齢に伴う変化は、下の図の様になります。

免疫力とライフステージ(イメージ図)

グラフ

内部要因としては両親から受け継いだ「遺伝子」や免疫系と協調しながら身体の動きをコントロールしている「神経内分泌系」の加齢による機能障害などがそれに当たります。
外部要因としては、はしかやインフルエンザなどの外の「感染性の微生物」がその一つですが、現代社会では「ストレス」がとても大きく影響しています。「ストレス」はもはや小学生であっても知っている時代です。そして、外部環境では何があるか分かりません。排気ガスやPM2.5など環境悪化による健康への影響もあります。
このようなさまざまな要因が重なると、リンパ球が死に至ることになり、免疫力の低下をもたらします。

免疫力の低下図解

コラム

免疫力が下がる大きな要因

免疫力が下がる要因というのはたくさんありますが、「病気」「ストレス」「不適切な生活習慣」「加齢」の4つが大きな要因です。 最近分かってきたのは「不適切な生活習慣」です。生活習慣というのは、人によって違いますが、「不適切な生活習慣」は免疫力にとって、非常にマイナスに働きます。

免疫力が下がる要因図解

「SP-1ビール酵母細胞壁」の最新研究データ